AGA治療薬の歴史

髪の毛が薄くなるのを防ぎ、あるいは回復させることは昔からの社会的ニーズであり、民間療法から医薬品まで多種多様な育毛剤(塩化カルプロニウム、ミノキシジルなど)が開発されてきました。 カツラなどは 本当に昔からあり 今も昔も男性の頭の毛は大問題であったのです。 
近年、AGAの原因が明らかにされ、医師が処方する「のむタイプの治療薬」が登場したことで、根気よく治療を続ければ抜け毛の進行を抑える効果や改善効果が期待できるようになりました。

AGAの特徴

AGAは抜け毛・薄毛がゆっくりと進行していきます。また、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなります。毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。
ただし、AGAでは普通、薄毛になっていても、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。決してあきらめる必要はありません。

治療しよう!

医薬品として認められている対処法には下記のものがあります。AGAは進行性ですので、何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り、徐々に薄くなっていきます。この薄くなっていくのを抑えるのも、AGA治療の重要な効果の一つです。
 ザガーロやプロペシアは男性ホルモンが分解されAGAをおこす原因物質を作らせない作用があります。
  原因物質を押さえるわけですから画期的な原因療法です!
   しかし 発毛を促進させる作用は少なく 原因物質による脱毛を防ぎ 自然な発毛効果を待って増毛していきます。 ですから即効性はあまり期待できませんが 6ヶ月位すると目立った新毛が出てくるのがわかります。

■主なAGA治療薬(医薬品)

タイプ 主成分
のむタイプ プロペシア ザガーロ
頭皮につけるタイプ

リアップ(ミノキシジル)
塩化カルプロニウム